ホホバオイルのデメリット!?肌荒れやニキビの悪化

どんな肌質にも合うといわれているホホバオイル。

しかし、そんなホホバオイルにもデメリットがある!?

実は、ホホバオイルを使用したことで「肌荒れ」や「ニキビが悪化した」という事例があるのです。

これは本当なのでしょうか?

ホホバオイルのデメリットとして、肌荒れやニキビの悪化があるかどうか、ご紹介していきます。

 

ホホバオイルのデメリット!?肌荒れやニキビの悪化

 

jojobaoil

どんな肌質にもあうといわれるホホバオイル。

副作用や危険性も、基本的にありません。

正しい使い方をすることで、お肌に悪影響を与えることはほとんどないのです。

むしろ、マルチな才能を持っている素晴らしいオイルです。(ホホバオイルとは?)

 

しかし、いくらホホバオイルといえど、守らないといけないことや、商品を選ぶときに注意することがあります。

使用していくうえで、次の3点に気をつけてみてください。

ホホバオイル、デメリットを防ぐ3つのポイント

1 ホホバオイルの選び方に気を付ける

 

 

ホホバオイルには2種類のものが販売されています。

1つは透明の精製されたもの。

2つ目はゴールドの未精製のものです。

 

2つを比較すると、未精製のホホバオイルのほうが純度が高く、余分な成分なども入っていません。

精製されたホホバオイルのほうが安価で販売されているので、比較的トライしやすい印象がありますが、

肌荒れなどが出やすいのも精製されたホホバオイルなのです。

より安全に、効果的に使用されたい場合はゴールドの未精製ホホバオイルをおススメします。(より詳しい2種類のホホバオイルの説明はこちらから)

 

2 植物アレルギーの方は要注意

 

jojoba

ホホバオイルが肌に与える刺激は本当に低いです。

病院では赤ちゃんのオイルマッサージに使用されるほど安全だと言われています。

 

しかし、ホホバオイルの原料はもともと植物です。

特に、スギ花粉を発症している方は、ホホバオイルを使用することでアレルギー発症する危険が高いといわれています。

どんなに安全性の高いものでも、ご自身の体質と合わなければ使用はできません。

使用をする前に、パッチテストを行ってから全身に使用してください。

 

3 使用量を守る

 

jojoba

どんなに優れたスキンケア用品でも、使用量を守らなければ効果を発揮できません。

効果を早く出したいからといって、大量に使ってしまったり。

もったいないからといって、少量すぎたりすると、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。

特に、ホホバオイルの場合は抗菌効果が高いので、思わぬトラブルにつながることもあります。

  • 本来の免疫力が低下
  • 自然に分泌される皮脂の量が減少(増加)

これらのことが起こると、ニキビの原因になったり、ニキビを悪化させることにもつながります。

だからこそ、メーカーが指定する使用量は守って使用していきましょう。

特に、もともとオイリー肌の方は要注意です。

使いすぎで悪化してしまいやすいので、お肌の調子を見ながらご自身にあったペースで使ってみてください♪

 

ホホバオイルのデメリットをクリアに!

 

jojoba

どうしても体質的に使えない、という場合を除けば、とても素晴らしいスキンケア用品であるホホバオイル。

使い方や、使用量を間違えなければ、きっとアナタを助けてくれます。

ホホバオイルは、赤ちゃんのマッサージや保湿お肌の敏感なところでも使うことができます。

もっとホホバオイルについて知りたい!という方はこちらからご紹介しています。

>>ホホバオイルの効果と口コミ

>>オーガニック認定 ホホバオイル公式サイトはコチラ!