【ホホバオイル】×【ニベアクリーム】でパックすると妊娠線が消える!?使う順番は?

妊娠をすると、とっても心配なのは「妊娠線」ですよね。

赤ちゃんがお腹にいると、変な悪影響は与えたくないけど「妊娠線は防ぎたい!」と思います。

jojobaoil

「妊娠線」を防ぐには【ホホバオイル】と【ニベアクリーム】のセットがとっても効果的という噂です!

この2つをセットで使うメリットや、どうやって使うのかをご紹介していきます。

ぜひ、妊娠線予防の参考にしていただけたらと思います。

 

【ホホバオイル】×【ニベアクリーム】×妊娠線

jojobaoil

青い缶のニベアクリームは、子供のころからお馴染み、という方も多いのではないでしょうか?

そんなニベアクリームは、とっても素晴らしい効果を持っているからこそ、これまで長い間愛され続けてきました。

 

顔や身体など、全身に使えて潤いを与える保湿クリーム。

「妊娠」を経験した妊婦さんの間でも「妊娠線予防」として使用して「妊娠線ができなかった!」という声が続出しているんです。

 

また、お腹が大きくなることで「乾燥」し、そのせいで痒みが起こることもあります。

そんな痒みを抑えることにも効果を発揮してくれることもあるんです。

 

なぜニベアクリームが妊娠線に有効かというと、妊娠線ができる仕組みにも秘密があります。

【妊娠線】ができる仕組み

jojobaoil

妊娠中、とってもハッピーな気持ちになりますが、その一方で気になるのが【妊娠線」。

妊娠線は、なぜできてしまうのでしょうか。

妊娠線ができる理由

 

私たち人の皮膚は、一番表面にある「表皮」といわれる部分は伸びやすくできています。

そのため、ある程度の伸縮は可能なのですが、その奥にある「真皮」や「皮下組織」には伸縮性はありません。

そのため、妊娠によって伸びていくはやさに真皮の伸縮が追い付かず、断裂してしまうのです。皮膚 表皮 真皮

また、妊娠中の皮膚は、ホルモンバランスの影響でコラーゲンが減少してしまいます。

そのため、肌が乾燥しやすく、通常時よりも刺激に弱くなっているのです。

そうなっている状態のときに、少しずつお腹が大きくなると皮膚へ刺激が加わります。

 

妊娠中は断裂が起こりやすい状態になってしまっているのです。

妊娠線はお腹にできるイメージがありますが、胸、お尻、太もも、ふくらはぎ、二の腕、背中など、全身にできる可能性があります。

できはじめは赤紫色をしていますが、時間の経過とともに白っぽく変化していきます。

 

 

妊娠線を予防するには「保湿」で肌を柔らかく!

 

妊娠線を防ぐためには「皮膚の断裂」を防ぐ必要があります。

断裂を防ぐのに最も効果的なのは「皮膚を柔らかく保つこと」です。

 

ニベアクリームで妊娠線予防

 

ニベアクリームを塗ることによって、お肌を保湿することができます。

クリームに使われている成分は、ある高級クリームと同じ成分が使われていると話題になりました。

  • ミネラルオイル
  • グリセリン
  • スクワラン
  • ワセリン

こういった成分が配合されているため、保湿効果がバツグンなのです!

これらの美容成分は、しっかりと保湿をし、乾燥を防ぐ役割をしてくれます。

また、肌の柔軟性を高めて、美容成分をしっかりと浸透させることにも役立ってくれるのです。

 

また、「妊娠中」に使用を控えるような記載もないので、安全性も高いと言えます。

 

ホホバオイルで【妊娠線】を予防・改善

 

 

さらに、ニベアクリームと一緒に使用することで、より高い効果を期待できるのが「ホホバオイル」です。

ニベアクリームだけでも保湿は十分なんですが、その成分をしっかりと閉じ込め、浸透させることで「妊娠線予防」の効果を期待できちゃいます。

  • 保湿力が高い
  • 摩擦が少ないため
  • マッサージに使いやすい
  • 伸びがいいの
  • コスパがいい(少量でも広範囲に伸ばせる)
  • 人肌に温めてから塗ることができる
  • ターンオーバーを促進する栄養素を持っている
  • 肌を柔らかくする

ホホバオイルだからこそ、というメリットがこんなにもあります。(→ホホバオイルがすごい!そのほかの効果はコチラ)

 

これらの効果を発揮してくれるには、理由があります。

それはホホバオイルの主成分である「ワックスエステル」に秘密があります。

 

ワックスエステルとは、私たちの皮脂に含まれる成分と同じです。

そのため、私たちの肌に浸透しやすく、肌を潤すことに効果を発揮してくれます。

しかも、もともと私たちが持っている成分と同じなので、デメリットがほとんどありません。

お肌に刺激が少なく、高い保湿力を持っていることがホホバオイルの最大の魅力なのです。(→ワックスエステルってなに?)

 

また、ニベアクリームだけでは補いきれない「栄養素」をホホバオイルは持っています。

ビタミンEをはじめとする天然成分の栄養素です。

これらの成分が、よりお肌を柔らかく、そして外的刺激から守る効果を発揮してくれます。

 

 

【ホホバオイル】×【ニベアクリーム】の使い方

jojobaoil

それでは、ホホバオイルとニベアクリームの使い方をご紹介していきますね♪

塗り始める時期

だいたい、妊娠初期~妊娠中期に塗り始めましょう。

お腹が大きくなり出す前に保湿をして柔らかくしておくことで、真皮の亀裂を防ぐことにつながるからです。

 

お肌のターンオーバーは28日周期と言われています。

そのため、早めにお肌を柔らかくして準備しておく必要があるのです。

 

お腹が少しずつ大きくなり始める妊娠5ヶ月頃からは、確実に塗るようにしましょう。

つわりがキツイ場合は、香料のあるものが使えなくなることがあります。

ニベアやホホバオイルは無香料なので、安心して使用することができます。

使用する頻度

1日に2~3回、たっぷりと塗る

お風呂上りはもちろん、朝や昼などにもたっぷりと塗ってあげましょう。

最初は、少し伸びが悪いと感じるかもしれません。

その場合は、手のひらで広げて、手の温かさでクリームを温めると塗りやすくなります。

塗る部位

お腹はもちろん、それ以外の部位も塗ってあげましょう。

  • お尻
  • 太もも
  • 二の腕

妊娠線は、広い範囲でできやすいので、欠かさずに塗っていきましょう。

塗り方

マッサージをするように塗っていきます。

  1. ニベアクリーム
  2. ホホバオイル

この順番で塗っていきます。

ニベアクリームの保湿成分を、ホホバオイルで閉じ込めるイメージです。

 

しかし、ニベアクリームだけで塗りにくいと感じたら、ニベアクリームにホホバオイルを混ぜて塗ってもOK!

円を描くように、優しく広げていきましょう。

ゴシゴシとこすってしまうと、お腹が張る原因にもなってしまうので、優しく塗るのがポイント♪

 

【ホホバオイル】×【ニベアクリーム】で妊娠線予防!

jojobaoil

お肌をしっかりと保湿して、お肌を柔らかく保つことで、妊娠線予防をすることができます。

お腹が大きくなり始めると、塗るのが少し大変になりますが、産後のお肌のために少しだけ頑張ってみましょう!

 

ホホバオイルとニベアクリームは、妊娠線予防だけでなく、顔の保湿などにも使用することができます。

特に、ハトムギ化粧水と組み合わせたりする使い方が話題になっています。(→ハトムギ化粧水×ニベア×ホホバオイル!?ニキビ予防と高い保湿ってホント!?)

 

ホホバオイルもニベアクリームも、それぞれ単体でみても素晴らしいスキンケア用品です。

ぜひ、様々なことに役立ててみてください。

>>ホホバオイルの効果と口コミ