ホホバオイルでクレンジング【乳化】をさせる方法!?

ホホバオイルは保湿効果も高く、スキンケア用品として最高です。

その一方で、クレンジングオイルとしても使用することができるといわれています。

jojobaoil

では、そんなホホバオイルでクレンジングをするときに「乳化」は必要なのでしょうか?

また、乳化をする場合はどうやってすればよいのか、ご紹介していきます。

 

クレンジングで乳化する意味

jojobaoil

クレンジングをする際に「乳化」することが大切だといわれています。

乳化をすることによって「お肌への負担」が減るため、クレンジングでの肌への悪影響を減らすことができるんです。

 

ただ、この「乳化」をする場合には条件があるんです。

それは「オイルクレンジング」でメイクを落とすとき。

そしてそのオイルに「界面活性剤」が含まれていることです。

乳化の意味

透明のオイルに水を加えることで「白く濁る」ことを言います。

 

乳化をすることで、水とクレンジングオイル、メイク汚れが混ざり合い、洗い流しやすくなります。

 

洗い流したり、すすぐ時間を短縮することで、肌への摩擦を減らす効果があります。

こういった意味があるため、オイルクレンジングをする際には「乳化」をすると肌への負担を減らすことができるのです。

 

これは界面活性剤の含まれたオイルクレンジングを使用する場合です。

では、ホホバオイルでは「乳化」は必要なのでしょうか?

 

ホホバオイルでクレンジング

jojobaoil

ホホバオイルでクレンジングをするメリットはたくさんあります。

そして、ホホバオイルは天然成分なので「界面活性剤」は含まれていません。

 

細菌では「界面活性剤」が含まれていても、肌にあまり負担をかけないクレンジングオイルもたくさんあります。

ただ、敏感肌や乾燥肌のような「肌のバリア機能」が低下しているお肌には、肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。

できるだけ、お肌に負担のかからないものを使う方が「リスク」を避けることができるからです。

 

ただ、界面活性剤の含まれていないホホバオイルには「乳化」をする必要がありません。

その分、違った方法で肌に負担をかけず、メイクをきちんと落とす方法があります。

この方法を守ることで、お肌への負担をかけずにホホバオイルでクレンジングができちゃいます♪

ホホバオイルでクレンジングをする方法

  1. アイメイクなどの濃いポイントメイクは、先にポイントリムーバーで落とす(あるいはコットンにしみこませてしばらく置いてからオフ)
  2. 500円大のホホバオイルを手に取り、手のひらで温める
  3. 皮脂分泌の多い部分から塗る(鼻→ 口まわり → 髪の生え際 → 頬 )
  4. 2~3枚重ねたティッシュで、浮いてきたメイク汚れをふき取る(こすると肌トラブルの原因になるので注意)
  5. よく泡立てた洗顔料で肌に残ったオイルを包み込むよう洗顔する(ベタつきが気になる場合は二度洗い)

クレンジングをする前に余裕があれば、蒸しタオルで肌をあたためてから行うと、オイルの馴染みが良くなります。

メイクを落とす際は、肌をこすらないよう注意しましょう。

 

汚れが浮いてきた時は、拭き取るのではなく吸い取るのがポイントです。

また、ティッシュオフした状態で油っぽさやメイクが残っていても、次のステップの泡洗顔で落ちるので手早く行いましょう。

 

ホホバオイルでクレンジングのメリット

jojoba

ホホバオイルでクレンジングをすることで、ほかのクレンジングオイルに比べて刺激がとっても少ないです。

また、保湿効果の高いホホバオイルだからこそ、クレンジング後も乾燥しずらく、お肌の弱い方でも使用しやすいのが特徴♪

 

ただ、ポイントメイクやウォータープルーフなどの濃いメイクを落とすことができません。

そういった濃いメイクは「ホホバオイル」を少し長めの時間つけておいて、メイクを浮かせたり、ポイントリムーバーで落とす必要があります。

 

また、ティッシュで浮いたメイク汚れをふき取るだけでは「クレンジング」は完了しません。

キチンと洗顔をして、その後に保湿もきちんと行いましょう♪

 

ホホバオイルは本当に素晴らしい効果を持っています。

またアナタの知らない素晴らしい効果があるかも!?

気になる方は要チェックです♪

>>ホホバオイルの効果と口コミ