ホホバオイルだけの保湿スキンケア、実は【乾燥する】!?

ホホバオイルの保湿力は高く、スキンケア化粧品としてとっても優秀です♪

でも、そんなホホバオイルでも乾燥することがあるという噂が!

jojobaoil

それは「ホホバオイルだけの保湿」では乾燥するというもの。

それが本当かどうか、ホホバオイルだけの保湿スキンケアについてご紹介していきます。

 

ホホバオイルだけの保湿スキンケア、実は【乾燥する】!?

jojobaoil

ホホバオイルの成分は、私たちの皮脂と同じ「ワックスエステル」でできています。

ゴールドの天然成分100%のホホバオイルだと、約90%はワックスエステルで、残りの成分は高い栄養素がたくさん含まれています。

そのため、私たち人の肌に馴染みやすく、ほとんどデメリットがありません。

 

しかし、そんなホホバオイルの「保湿力」を持っても、乾燥する場合があるんです。

それが「インナードライ」という状態です。

ホホバオイルだけの保湿で起こる、インナードライとは?

jojobaoil

ホホバオイルだけの保湿で必ずなる!というわけではありません。

お肌の状態によっては「インナードライ」という状態になる可能性もあります。

 

Tゾーンは脂っぽいのに、なんだか乾燥している気がする・・・

なんてことはありませんか?

 

「脂っぽくて化粧崩れしやすいのに、乾燥している」

「毛穴が開いているのに、カサカサする」

「季節の変わり目にかゆくなったり、肌荒れしやすい」

などなど、当てはまるアナタは要注意です。

 

インナードライとは・・・?

皮脂がたっぷり出ているのに、角質層の水分が20%以下に低下している状態のこと。

特に20代後半~30代にかけて起こりやすい症状です。

 

化粧が崩れやすかったり、テカテカになることが多いので、「オイリ―肌」だと思われているケースが多いです。

しかし実際は「肌表面はテカテカ」「肌の内部はカサカサ」という状態になっていることがあります。

これが、インナードライといわれる肌の特徴です。

 

お肌は「乾燥」から肌を守るために「皮脂分泌」を行います。

皮脂分泌に気を取られて、乾燥対策がおろそかになっていて悪循環を繰り返していることもよくあります。

 

実は乾燥している!?インナードライ度チェック♪

jojobaoil

もしかしたらインナードライかもしれない!と思ったアナタ。

次の項目に2つ以上当てはまったら「インナードライ」の可能性が高いです。

ちなみに私は2つ以上当てはまっていました・・・。(涙)

インナードライ度チェック

口元はカサつのに、Tゾーンがテカる

冷房や暖房が効いた室内にいることが多い

夕方になると、化粧が崩れやすい

脂っぽいのに、肌のツッパリを感じがある。

ベタつくのが嫌で、お手入れは化粧水だけ

肌がごわごわして、化粧のノリが悪い

このリストで2つ以上当てはまっているアナタは「インナードライ」の可能性が高いです。

肌の内側は乾いているのに、皮脂分泌が過度になっているため肌トラブルを起こしやすくなっています。

 

ターンオーバーがきちんと行えていないので、敏感肌にもなりやすいです。

シミやくすみ、シワなどの肌トラブルを起こしたり、ハリのない肌になりやすくなっています。

しかも、ニキビや吹き出物ができやすく、毛穴も開いていたりなど、肌トラブルに次ぐ肌トラブルが起こってきやすいのです。

 

このようなお肌には「保湿」が必須です。

でも、皮脂分泌が多いのに乾燥しているから「保湿」をしろ!ってすごく難しいような・・・・。

だからホホバオイルもホホバオイルだけの保湿がダメなの?

 

ホホバオイルだけの保湿スキンケア、インナードライに悪影響?

jojobaoil

そうなんです。

実は、ホホバオイルだけの保湿は「インナードライ」を悪化させる可能性があります。

ホホバオイルは「高い保湿力」を持っていますが、ホホバオイル自体は「保湿する力」はないのです。

 

保湿力はあるのに、保湿する力はないってどういうこと?

それは、ホホバオイルだけで肌に水分を作ることができないということ。

 

例えば、お風呂上りの水分を持っている肌や、化粧水・保湿クリームでお肌を保湿した後に、ホホバオイルを使用します。

すると、ホホバオイルがお肌への保湿成分の浸透を助け、保湿成分の上から蓋をしてくれるので水分が逃げることを防ぐことができます。

そのため、お肌には水分が残りやすく、保湿される時間や効果が高くなります。

 

ホホバオイルは、お肌自体が水分を持っている場合や、保湿をした後のお肌にはとっても有効だということ。

高い保湿力は持っているけれど、ホホバオイル自体には保湿する力はありません。

そのため、ホホバオイルを使用する際には、一緒に「保湿」する成分を持つスキンケア用品を使うか、タイミングを選ぶ必要があります。

インナードライに必要な保湿成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • グリセリン
  • PCA(ピロリドンカルボン酸)
  • リピジュア

インナードライ対策では「保湿」が最も大切になります。

良い保湿成分を取り入れることで、ホホバオイルを使用した時の効果もより高くなります。

 

 

高い保湿成分「セラミド」

特にセラミドがおススメです。

それは、お肌の保湿機能の80%はセラミドの働きのおかげだから。

 

セラミドには角質細胞の隙間をしっかりと埋めてくれる働きがあり、潤いを逃がしません。

セラミドには4種類のセラミドがあります。

  • 天然セラミド
  • ヒト型セラミド
  • 植物性セラミド
  • 合成セラミド

この中でも「ヒト型セラミド」が肌と同じ構成なので、浸透しやすく効果も高いです。

ただ、とてもセラミドの中でも高価なので、あまりにも安い場合は「含有量が少ない」と考えた方が良いでしょう。

 

セラミド1は水分保持してくれ、優れたバリア機能を持っています。

また、セラミド2は保湿力が強く、バリア機能を高めてくれます。

 

高い保湿成分「ヒアルロン酸」「コラーゲン」

潤いをしっかりと肌に閉じ込め、ハリや弾力を持たせます。

 

高い保湿成分「エラスチン」

コラーゲン同様、うるおいとツヤを与えてくれます。

乾燥を防ぎ、肌をしっとりした滑らかな肌にととのえ、たるみを防ぎます。

 

高い保湿成分「グリセリン」

保水性はとても高く、皮膚になじみやすい性質があります。

ただ、空気が乾燥しているところでは、水分が蒸発してしまうで保湿力を保持できない場合も。

グリセリンはヒアルロン酸との相性が良く、保湿効果をより高くすることができます。

高い保湿成分「PCA(ピロリドンカルボン酸)」

肌へのなじみがよく、角質層の水分保持を促す働きがあります。

 

高い保湿成分「リピジュア」

ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるといわれています。

医療用に開発された成分なので、肌への刺激も少ないのが特徴。

 

ワックスエステルと保湿成分で相乗効果!?

jojobaoil

ホホバオイルの主成分である「ワックスエステル」は肌に浸透しやすい特徴があります。(→ワックスエステルとは?)

そのため、インナードライへ効果のある保湿成分と一緒に使用することで、相乗効果を発揮します。

 

インナードライは「実は乾燥している」というのが実態。

ホホバオイルだけでの保湿は「乾燥」を補うことができません。

しかし、ホホバオイルと保湿成分を一緒に使用することで、「必要な皮脂」も補うことができます。

 

それが「ホホバオイル」の持つワックスエステルであり、肌の乾燥を防ぐことができます。

ただ、使いすぎたり、お肌に合わない使い方をすると「肌荒れ」の原因になることがあります。(→ホホバオイルで肌荒れ!?適量ってどれくらい?)

適度な量で、正しい使い方をすることで「効果」を期待することができます。

 

また、ホホバオイルにも種類があります。

できるだけ安全性の高いホホバオイルを使用することで、より高い栄養もお肌に補うことができます。(→ホホバオイルの種類って?精製と未精製の違い)

 

それでも、ちょっと心配だな、というアタナの気持ちもわかります。

私も、ホホバオイルの使い方次第で「ニキビ」が増えてしまったことがあります。

今私がたどり着いがホホバオイルの使い方だと、安心して使うことができているので気になる方は参考にしてみてください♪(→ホホバオイルでニキビ!?本当に大丈夫?)

>>ホホバオイルの効果と口コミ